漢方

漢方

漢方とは

みなさんは、漢方を試したことがありますか?

 

漢方という言葉は広く知られていて、ご存知の方がほとんどだと思います。
中でも漢方と言えば、漢方薬として、私たちに馴染みのあるものですよね。

 

最近では、漢方をメインにした風邪薬なども多いですし、使ったことがある方もいらっしゃるでしょう。また、漢方でダイエットや、病気予防に漢方のお酒を飲んでいる方もいらっしゃると思います。
このように私の生活には溶け込んでいる漢方ですが、ここでは漢方について、もう少し掘り下げて考えて行きたいと思います。

 

さて、漢方医学と言う言葉もありますが、これは、イコール、漢方薬ということではありません。漢方医学とは、中国を起源になっていますが、日本で独自の発達をしている伝統医学です。
漢方薬だけではなく、針灸や、養生、按摩なども治療法に含まれています。
漢方医学は、ご存知のように、これらは、私たちの体が本来、持っている自然治癒力を高めて、体を修復させ、整えることを基本としています。
ですから、漢方薬と言うものは、漢方医学で使われているメインの治療法ではありますが、西洋医学でも、その効果が期待できることから、漢方薬を使うケースも最近は増えているようです。そして、漢方薬の最大の特徴は何かと言えば、天然物である、複数の生薬を組み合わせることでしょう。

 

一方、西洋医学の薬剤のほとんどは、基本的に単一成分で、人工で精製された合成品です。漢方薬は、生薬を組み合わせてあるので、当然ながら、いろいろな成分で様々な効果を発揮しています。

 

複合成分になっているため、漢方薬の作用の仕組みについて、以前は、解明しづらい点が多かったのですが、最近の研究では、着実に解明が進んでいるようです。

 

日本における漢方薬の使い方の中には、昔ながらの、生薬を小さく刻んで煎じて飲む方法もあります。一般的な医療現場で使われている漢方薬は、ほとんどが、エキス顆粒剤になっています。エキス剤は、煎じ薬を濃縮させて、乾燥させ、パックにしたものです。こうすることによって、漢方薬は、携帯しやすくなりますし、飲みやすくなります。

 

また、アルミパックになっているため、成分の変質も防げますし、凝縮させて乾燥させているため、品質も一定に保つことが出来て、煎じて飲むよりも効果にばらつきがありません。1976 年以降は、漢方薬に対しても健康保険で処方が使えるようになっているものも多いです。

 

漢方医学では、その人の病名だけで薬を調合するわけではなく、患者さん一人ひとりの体質や、病状などを見ながら、漢方薬を使い分け、調合し、その人に合った効果的な生薬が処方されます。
ですから、当然ながら、同じ病気であっても、その患者さんの状態によっては、飲む薬が違うことがあります。これは、「同病異治」と呼ばれる方法です。ひとつの漢方薬が、いろいろな病気に効果があることは「異病同治」とも呼ばれています。ひとつの病気でも違った漢方薬で治癒効果を求めることもありますし、また、同じ漢方薬で違う病気を治す効果もあるということです。

 

漢方

乾燥肌に効果的な漢方その1

漢方は病気を治すだけではなく、スキンケアや美容面でも効果を発揮してくれるものです。

 

例えば、冬場に乾燥肌で悩んでいる方は多いですが、乾燥肌の治療法として、漢方を使うことはとても効果的なのです。漢方と言っても、いろいろな種類がありますので、どのような漢方が乾燥肌によいのかここで、ご紹介したいと思います。

 

乾燥肌の方は、お風呂に入る際に、次のような漢方を活用してみると良いでしょう。まずは、カワラヨモギです。キク科の植物である、カワラヨモギを乾燥させたものをお風呂に入れます。これは、肌のかゆみを抑える効果がありますので、乾燥肌が進んでかゆみが出てしまった方に効果的です。

 

それから、甘草は、マメ科の植物で、お風呂に入れると、抗アレルギーの効果が期待できます。甘草は、接触性皮膚炎等にも効果があります。熟地黄は、ゴマノハグサ科の植物で、湿疹や蕁麻疹などの炎症を抑える効果があります。

 

また、止血する効果もありますので、かきむしりなどにも良いでしょう。当帰は、セリ科の植物で、血行を良くしてくれますので、皮膚が化膿してしまった際など、効果的な漢方です。
これらの漢方は、乾燥肌にとても効果的ですので、入浴の際は、ぬるま湯での半身浴を心がけましょう。熱いお風呂が好きな方もいらっしゃいますが、温度が高いと、体の水分が蒸発してしまいますので、注意してください。そして、乾燥肌の方は、飲む漢方も効果的ですが、注意点がいくつかあります。

 

漢方

乾燥肌に効果的な漢方その2

漢方薬を飲む場合は、そもそも、ひとりひとりに合わせて処方する必要があります。
例えば、乾燥肌になってしまう原因は、その人によって、原因が違っているからです。乾燥肌の原因が、内蔵の働きから起こっている人もいれば、血行不良が原因で乾燥肌になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

また、中にはホルモンバランスが乱れて乾燥肌になっている方もいらっしゃいます。単に皮膚が乾燥して乾燥肌になっているのではなく、肌のバリア機能が低下しているケースもあります。このようなケースでは、敏感肌になっているわけです。

 

そして、敏感肌になってしまう原因と言えば、免疫力の低下、虚弱体質などがあげられます。この点、漢方薬は虚弱体質や、免疫力アップ、体の保湿力をあげる効果などがありますので、体の根本的な部分から乾燥肌の原因を改善していくことが出来るでしょう。

 

漢方薬を飲んで乾燥肌を治したい場合は、医師のカウンセリングを受けたほうが良いでしょう。入浴に使う程度でしたら、自分で行えますが、漢方を服用したい場合は、医師に相談することが理想的です。それは乾燥肌の原因によって、飲む漢方薬が違ってくるからです。

 

自分の乾燥肌は、何が原因で発症しているのか、それをきちんと解明させて、その上で、自分に合った漢方を処方してもらうことをお勧めします。また、漢方薬を飲んで効果を期待したい場合、当たり前のことですが、食生活は正しく、バランスよく取ることが、基本です。

 

漢方

乾燥肌に効果的な漢方その3

食生活が乱れている上に、漢方薬を服用しても、その効果は期待できないでしょう。野菜中心の食生活を心がけ、栄養のバランスを考えた食事に気をつけます。肉を食べるよりも魚をメインにした食事を心がけたいものです。当然のことですがタバコはやめて、大量のアルコール摂取も控えるようにしましょう。

 

他にも乾燥肌に効く漢方薬は、当帰飲子(とうきいんし)や、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)です。それから、温清飲(うんせいいん)や、四物湯(しもつとう)、それから、きゅう帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)、また、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあげられます。

 

特に当帰飲子は、10 種類の生薬から出来ていますので、肌に潤いを与えてくれて、痒みを鎮める効果もあります。他の漢方薬も、肌の保湿力をアップしてくれて、肌に栄養を与えてくれる効果があります。

 

漢方は、基本的に、その効き目については個人差があります。ですが、市販の薬などに比べると、体に負担が少ないので、漢方薬は安心して行うことが出来る治療法だと言えるでしょう。
そもそも、体が自分で治療しようとする力、自然治癒力に力を貸してくれるものが漢方薬なのですからね。乾燥肌に効果的な漢方薬は、市販の入浴剤などにも使われているものが多いと思います。
漢方でスキンケアをしながら、食事や生活習慣の見直しも同時に行えば、乾燥肌を改善するほか、体も健康になり、美肌もよみがえるでしょう。

 

漢方

お気に入りのサイトをご案内です

生理前のイライラ・うつうつをすっきり解消!イライラする、やる気がしない、情緒不安定…。そんな生理前の心の不調は女性ホルモンの減少が原因の可能性があります。◆ホルモンの波に上手に乗ろう。ホルモンの波を捉えて上手に乗れば、「心の嵐」も軽くなります。女性ホルモンのエストロゲンが減ると、なんと脳まで停滞してしまうのです。「ひたすらガマン」はもうやめましょう!◆生理前不調の例・生理前は毎月、夫に当たり散らして大ゲンカ。・排卵時と生理前は二重人格といわれるほどイライラする。・生理前になると将来どうなるか不安で泣きたくなる。・この時期は、ちょっとしたことでも敏感に反応する。・生理前は毎回毎回やる気が起きないし、なかなか感情が抑えられない。・普段は気にならないことでもイラっとする。◆生理前の不調に悩む女性が急増中!理由もなくイライラする、やる気や集中力が低下する、何だか無性に悲しい…。生理前になるとやってくる「心の嵐」。これは月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状です。生理の10日〜1週間ほど前から症状が表れはじめ、生理が始まると不思議なくらいスーッと治まってしまいます。心の不調だけでなく、むくみやだるさ、眠気、乳房の張り、便秘、肌荒れなど体の症状も伴うため、生活にも支障が出やすいのです。